アラフィフの悩み

もう夫の世話はしたくない!「飯炊き女」を卒業する5つの秘策!

一体、いつまで夫の世話を続けるのだろう。来る日も来る日も食べる物を用意して、後片付けして・・。

と途方に暮れることはありませんか?

我が家はまだ40代後半ですが、夫が仕事柄、昼食を食べてから仕事に行き、帰ってきたらまたしっかり夕食を食べる・・という3食必須の生活スタイル。

私は朝から晩まで自営の仕事で納期に追われてるのに、一方の夫は午前中はダ~ラダラ。、「昼食ぐらい自分で用意してくれ~!」と叫びたくなることも多々あります。

朝から晩まで「飯炊き女」として成人男性の食べる物を用意する・・。

もう・・、無理・・。

さらに最近太り始めた夫は「昼食にしっかりした食事をとり、夜は軽いサラダにする!」などと言い出し困り果ててます。

じゃ~、自分でその「しっかりした食事」やらを用意して~!

とますます頭に血が上る毎日ですが、ここから抜け出す方法はないのでしょうか・・。

次は具体的な秘策について考えていきたいと思います!

夫の世話はもうしたくない!「飯炊き女」を卒業する5つの秘策!

難易度100→熟年離婚

さすがにこれは難易度高すぎですよね。(笑)

今のところ現実味がないので、大喧嘩した時のファンタジーとして取っておきます。

でも、子供が成人した後に熟年離婚を選ぶ女性の気持ちも分かるわ~・・という時があるのは認めます・・。

 

難易度4→旦那を料理のできる男にする(尻を叩いて教育!)

週末など、時間のある時には男性が料理をしたっていいはずです!

それこそ60歳になってから自炊を始めるのも難しいでしょうから、今の内に・・と少しずつ教育はしているつもりです。

でも、これが難しい~!

うちの夫は、恐ろしいほど不器用で要領が悪いのです・・。

10年前はトマトソースのパスタしか作れず、それもパスタを茹でてからソースに取り掛かるというほどの手際の悪さでイラっ・・。

ですが、そんな夫でも最近は作れる料理が4つに増えました。

私がフランス料理を作ろうとしないので、痺れを切らして自分でレシピを調べたらしいのです。

夫の教育に一番必要なのは、「こちらがやらない。」ことなのかもしれません。

 

難易度3→「昼食だけは自分でなんとかして」と強引に宣言

本当はしっかり話し合ったうえで承諾してもらうのが理想ですが・・。

これはうちの両親のパターンです。

うちの母も「ズボラ主婦の鏡!」というほど手抜きな人なのですが、夫が定年した段階で、もう「アタシも主婦は引退よ。」と一方的に宣言。

それまで家に同居していた息子も追い出し、母親業も同時に卒業。

昼間は自由気ままに遊びまくることに決めたのでした。(ダンス、カラオケ等々)

「今日アタシ、お昼の時はいないから。」(自分でなんとかして)

の一言を残して遊びに行ってしまいます。

父は自分でうどんやラーメンを作り、寂しくテレビ見ながら食べる感じで納得しているようです。

それこそ、定年までは全く台所に立ったことのない人でしたから、麺類を作り、トマトを切る・・くらいが限界ですね。(やはり早い段階からの夫教育は大事!)

ただし、ズボラな母も夜は野菜中心の食事を作っています。

 

難易度2→たまに外食して毎日の料理、皿洗い地獄からの一時避難

これだけでも救われるものがありますよね~。

昼食を作ったらすぐ「今度は夕食何にしよう・・?」では息つく暇もなく苦しくなるばかり。

週末くらいは外での外食を挟んでくれると楽ですよね~。

こうしたストレスコントロールがやっぱり大事。

毎食x週7日を「飯炊き女」として働き続けるのには限界があります。

とはいえ、外食は高くつくし、1度や2度の休息では日々の疲れは取れませんけどね。笑

難易度1→宅配弁当や、食材配達サービスを利用する

やっぱり主婦の憧れはこれでしょう~!

お昼は宅配弁当を利用したい!

あるいは手作り料理はするけど、たまには食材宅配を利用して楽したい!と言う方にお勧め。

両方について今流行りのサービスを調べましたのでお好きな方をお選びください。

>宅配弁当について知りたい

>食材配達について知りたい

 

「飯炊き女」を即効脱出できる、宅配弁当について調べてみた

毎日、昼食と夕食を両方用意する必要がある主婦にとって2食を連日用意するのは凄いストレス。

お昼だけは宅配弁当というように上手く利用できたら最高ですよね。

いい宅配弁当がないかを調べてみました。

「ヨシケイ」の宅配弁当(シンプルミール)

ヨシケイ弁当の特徴 
  • 冷凍弁当をレンジで解凍
  • お米はついてない
  • 一食あたり343円
  • 3セット単位で注文してまとめて届く
  • 3食セットで好きなメニューを選べる

まず、宅配弁当は基本冷凍弁当になります。

それをレンジで解凍して食べるのですが、冷凍と聞くと少し抵抗がありますよね。

解凍したらべちゃべちゃしてしまうのでは・・と。

ところが昨今の冷凍技術は凄い進化を遂げていて、あっという間に旨味を逃さず凍らせてしまうので、解凍してもホクホクで常温弁当と遜色ない美味しさです。

そして、ヨシケイの弁当はとにかく安い!

通常価格で3食セットが1030円(税込み)!

こんな風に、献立の違う3食で1030円(税込み)!

この3食セットが10セットまで、初回限定で半額なんです!

てことは、一つ150円ほど・・?

お試し注文しない手はないですね!

\初回半額!こちらから↓/

>ヨシケイの宅配弁当を見てみる
一部地域になります

 

「食宅便」の弁当(種類が豊富)

食宅便の特徴
  • 冷凍弁当をレンジで解凍
  • 一食あたり560円(おまかせコース)
  • 7食セットで週替わり
  • 体糖質コース、ケアセレクトなど、色々選べる
  • ご飯やお味噌汁はオプションで付けれる
  • 送料は2セットまでが1梱包で780円
  • らくらく定期便にすると一梱包390円

>食卓便のHPで見てみる

 

ヨシケイの弁当は全体的に若い人向けかな・・という印象がある一方、食宅便は栄養バランスを考え抜かれた大人向けの献立が多い印象。

お値段もヨシケイより高くなりますが、それでも一食あたり560円ですから、この充実ぶりを考えたら安いものでしょう。

それにコースが色々選べるのが嬉しい!

  • 糖質制限コース
  • カロリー制限コース
  • 塩分制限コース
  • たんぱく制限コース
  • 柔らかいおかずだけのコース

などなど。

まさに、大人向けの健康的なお弁当を求める方にはうってつけなのが食宅弁当なのです。

>食卓便のHPで見てみる

 

7食セットの内容例はこんな感じです。おまかせ【Aコース】

おまかせの【Bコース】は・・

かなり充実していて驚きました。

毎食ごとの献立表には、カロリーや塩分まで表示があって安心。

栄養バランスもしっかり考えられているし、もう昼食はこれでいいかもしれませんね。

【おまかせのAコース】が一番人気なので、迷った時にはこれで間違いないでしょう。

>食卓便のHPで見てみる

時短しながら本格料理を作りたい方は食材宅配

仕事してる主婦にお勧めなのがこちら!

作るのは1日1食なので、さすがに弁当というわけにはいかな・・。

凝った手料理で家族を喜ばせたいけれど、とても仕事買えりに買い物して、献立を考えて・・では手が回らない!

と困っている方には、毎日、食材とレシピを届けてくれるヨシケイが救いとなるでしょう。

食材配達と言えばヨシケイ

例えば日本一有名な食材配達のヨシケイを利用した場合のメリットはこれ!

  1. 毎日の献立地獄から解放!
  2. 材料を考えて買い物する手間と労力が省ける!
  3. 調理時間も時短できるので一気にワーキングママの負担軽減!
  4. 引退した夫や在宅仕事の夫がいて1日2食作る主婦にとっては1食分が楽になる!

最高ですね~。

我が家の目の前には洋風の大きなお家が立っていてお金持ち風の奥様と旦那様、成人した子供さん3人が住んでいますが、毎日ヨシケイが配達に来ています。

それと、以前アパートに住んでいた時は隣の若い夫婦が利用していました。

双子ちゃんが生まれてもう買い物になんて行けないから・・とヨシケイの利用を始めたそう。

「高いんじゃない?それに量が少なそうだけど?」

と聞いたところ、

「量は結構あるし、メチャメチャ美味しいですよ。」

「生協だと1週間分の献立を考えて、まとめて注文しとかないといけないから結局面倒で・・」と言っていたので、ずっと気になってました。

ヨシケイにはお試しコースが用意されている!

まず、初めての方には4つの【5日間お試しコース】が用意されています。

通常価格の半額程度でお試しできますのでお得です!

一つずつ特徴がありますのでご紹介します。

1)【プチママ】コース(月~金)一人当たり300円

調理時間が20分で、同じ材料から離乳食も作れるので赤ちゃん育児中のママの味方。人気の定番メニューが揃ってます。

 

2)【カット ミール】コース(月~金)一人当たり300円

届く食材が既にカットされているので、ササっと調理できてお手軽!さらに時短!!

 

3)【バリエーション】コース(月~金)一人当たり350円

調理時間が35分、1人分が350円ということで、しっかり調理して作る凝ったレシピになります。

毎日レストランで食べるような料理が勉強できると人気のコース。

 

4)【クイックダイニング】コース(月~金)一人当たり350円

こちらもワンランク上の洒落たレシピですが、

調理するのは1品のみで時間も15分と時短できます。もう1品は調理不要のお惣菜が付いている形です。

>ヨシケイのお試しはこちら

この4つのコースから5日間だけ試せるというのがお試しキャンペーン。

  1. ネットで頼みたいコースの好きな週を選び、ネットで申し込み。
  2. すると後日確認電話がかかってくるので、支払い方法などの説明を受けて配達スタート。
  3. トライアル終了後、カタログがポストに投函されるので、継続利用する場合は同封されている注文書をスタッフに渡す。

(その後利用しない場合は、カタログは結構ですと言えばOK)

 

これはあくまでお試しキャンペーンの価格なので、実際はこの2倍ほど。

毎日利用するのは確かに割高ですが、最近疲れていて買い物に行けない。残業続きで時間がない・・という時にはご自身を休ませる意味でも上手く利用する価値はあると思います。

毎週継続する必要はなく、この週だけ忙しいから利用・・というようにご自身の都合に合わせて注文できます。

 

配送は毎日ほぼ決まった時間に玄関先に置かれますが、ご不在が多い場合は無料で鍵付き保管庫を貸し出してくれるので安心です。

>ヨシケイのお試しはこちら

 

「飯炊き女」として頑張るのは止め、自分に時間をかけていこう!

というわけで、いかがでしたでしょうか?

「脱:飯炊き女!」の戦略は自分で積極的に立てていかないと、ストレスで参ってしまいます。

アラフィフ世代の女性はとかく多方面に頑張りがち。

頑張ることで周囲に尽くそうと自分を犠牲にし、体を壊してしまっては本末転倒です。

一家の中心にいる母、妻としていつも笑顔でいるためにも、パンクしてしまう前に手を打ち、この先何十年と続く老後までの道筋を明るいものにしていきましょう!

利用できるものは賢く利用し、敢えて手を抜く。

余った時間で自分を労わりながら、生きがいを追求したり趣味を楽しんだりすれば、また違う世界が見えてきます。

50代からは一歩を踏み出し、大胆な決断もしていきましょう!

更年期の辛さを理解してくれない夫にどうする?!妻のイライラと改善方法更年期の辛さはなかなか説明しずらいものですよね。 堂々と人様に言うことではないけれど、せめて一緒に生活する夫には理解していて欲しい...
40代50代の「趣味がない」主婦にお勧め♪家の中でできる趣味11選!「これといった趣味がなくて毎日がつまらない・・」 と感じている40代、50代主婦におススメしたい家でできる趣味を10個集めてみまし...
40代、50代主婦が感じる強烈な孤独感、虚しさ・・。私、友達いないかも・・40代、50代主婦は孤独を感じがち。 ホルモンの減少に伴い、気持ちが塞いだり、不安になったりすることが多いので仕方ありませんよね。...